授業」カテゴリーアーカイブ

オンライン授業の誤解

オンライン授業の評価が高まっています。
私が勤める高校では生徒にiPadを持たせていますので、2020年3月の一斉休校の時からオンライン授業に取り組みました。
私自身、ZOOMによる対面授業(黒板映写方式と画面共有方式)やYouTubeライブなどに取り組んできました。
3月から5月までの3か月間にわたってオンライン授業をした感想は、やっぱり対面授業のほうがいいというものです。
「そんなの分かっている」という声が聞こえてきそうですが、多くの人が分かっていないことが1点あります。
それは「オンライン授業にもメリットがある。動画配信形式の授業だと、授業動画を何回も見直すことができる。分からない個所を何度も見ることができる」というものです。
私はこういうことを言うのは本格的にオンライン授業に取り組んだことがないのではないかと思ってしまします。

生徒は授業動画を何度も見返すことはありません。
もしかしたら物珍しさから数回はあるかもしれません。
でも継続的に授業動画を見返すことなどありません。
6時間授業だとしましょう。
実技科目を除いて4時間分の授業動画が配信されるとします。
4時間分の授業動画を見返す時間などありません。
授業動画全てではなく一部分しか見返さないとしても、これは手間です。
オンライン授業は毎日続くのですから、手間がかかることはしなくなるものです。
オンライン授業に本格的に取り組んだことがあれば、こういうことは分かるはずです。

さらに、一部分だけ見返すといっても、授業で時間内に扱う知識には体系があるのですから一部分だけ見返してもきちんとした理解には至りません。

ということで、オンライン授業のメリットとされる「分からない個所を何度も見返すことができる」については私は懐疑的です。

そもそも同じ授業を何回も見るのは効果的なのでしょうか?
私は同じ授業を何回も繰り返すよりも、同じことを何度も形を変えて繰り返すほうが効果的だと思っています。

また休校

3月の一斉休校が終わり、無事に始業式が実施できました。
しかし、ほどなくしてまた休校。
3月の休校は、教科書もほぼ終わっていたので問題演習でよかった。
しかし、4月の休校は授業を進めなければなりません。
3月の休校は問題演習だったので一部の先生が遠隔授業をすればよかったのですが、4月の休校は授業を進めなければならないので全ての先生が時間割通りに遠隔授業をすることになりました。
4月の休校対策は3月のそれよりもかなり準備がかかりました。

1.
すべての先生がiPadでZOOMを使えるようにする。
本校はiPadを導入していますが、Classiやロイロノートなどはプレインストールされています。
しかし、ZOOMはプレインストールされていない。
まずはすべての先生のiPadにZOOMをインストールしなければなりません。
様々な先生がいました。
Apple IDを作っていない、Apple IDが分からない、Apple IDのパスワードが分からない、Appストアの使い方が分からない、Appストアのレビュー(最初に個人情報を入れること)って何?
ZOOMの講習会も行いました。
もちろんサインアップでも一苦労。
実際の活用も一苦労。
教材も映像用にレイアウトを変えなければなりません。
学校というのは配布プリントはB5かA4のタテですが、映像で映す教材はこれをヨコにしなければなりませんし、文字を拡大しなければいけませんし、文字を太くしなければいけません。
ZOOMは写真共有が便利なので教材をiPadの画面にあったサイズの写真にするといいのですが、学校の教員の中にはスクリーンショットの撮り方が分からない先生もいます。
こういったこと全てに対応しました。

2.
生徒を取りこぼさない。
遠隔授業を受けられない生徒がいたら困ります。
遠隔授業が苦手な先生のフォローは休校が始まっても可能ですが、生徒のフォローは休校が始まったらかなり困難です。
教師と同様にいろいろな生徒がいました。
Apple IDがロックされてしまった、Apple IDが分からない、Apple IDのパスワードが分からない、Appストアの使い方が分からない、Appストアのレビュー(最初に個人情報を入れること)って何?
アプリの活用も同様です。
一体、何人の生徒のパスワードが分からない問題に対処したことか。
よく、ICTについては生徒の方が教師なんかよりも詳しいなどという声を耳にしますが、そんなことはない。
ほとんどの生徒はICTの知識は貧弱で「与えられたもの」を使っているだけなのです。

3.
新学期が始まる直前からClassiのつながりが悪い。
本校はClassiで生徒への連絡・指示をしているので、Classiのつながりが悪いというのは致命傷です。
Web版ならアプリ版よりはつながるということで、生徒には急遽Web版をiPadのホーム画面に追加させました。
しかし、ここでも「パスワードが分からない問題」が頻発し、いちいち対処しなければなりません。
Classiは復旧しましたが不安定だったので、連絡・指示はロイロノートも活用することにしました。
しかし、ロイロノートも急激なアクセス増で午前中は接続がうまくいかないという事態。
現在は、Pagesの共同制作機能を「生徒への連絡掲示板」に活用することも検討しています。

なんだかんだ大変でしたが、いざ遠隔授業が始まってみると、先生方はもちろん生徒もほとんどが対応できているようです。
ダーウィンの有名な言葉を思い出しました。
「最も強い者が生き残るのではなく、最も賢い者が生き延びるのでもない。唯一生き残ることが出来るのは、変化できる者である。」

休校3週間

2月27日(木)18時、安倍首相より休校要請がありました。
寝耳に水。
休校までの準備期間は金と土の2日間しかありません。
生徒の学力をどう保つかが大きな問題でした。

まず検討したのはiPadで課題を配信するということ。
しかし、勉強は紙と鉛筆だと思っているので、iPadでの課題配信は却下。

いろいろと考えた末、今年度取り組ませた問題集のプリントをすることにしました。
授業や講習で問題集2冊を扱ったのですが、これをもう一度やるのはいい復習になると思ったからです。
しかし、生徒は問題集に直接解答を書き込んでいます。
そこで、問題集2冊全てを印刷して配布することにしました。
2月29日(金)は朝6時から問題集を印刷してホチキスで留め、なんとか空き時間も使って課題冊子2束を作りました。

次に考えたのは、生徒に規則正しい生活をさせるということです。
毎朝、iPadに課題を配信し解答を提出させることにしました。
活用したのはClassiのアンケート機能です。
Classiのアンケート機能で英語文法4択問題を送信し、生徒はClassiのアンケート機能で回答を送信します。
生徒の回答がExcelファイルで取り出せます。
生徒の回答後に、Classiの校内グループに解答解説を投稿するようにしました。

次に考えたのは、生徒の顔を見るです。
ここで活用したのがZOOMです。
2月28日(金)に生徒のiPadにZOOM Cloud Meetingsをダウンロードさせ、2月29日(土)にクラスでZOOMの練習をしました。
休校期間中はZOOMで面談を実施しました。
ZOOMの面談は1回に生徒8人との集団面談としました。
生徒は級友の姿を見て級友の声を聞くのがストレス発散となると思ったからです。

次に考えたのが生徒に構文暗記を促すことです。
休校以前からQuizletの活用を勧めていたのですが、Quizletの学習セットの改善を急いで図りました。

次に考えたのが授業です。
課題冊子は2冊配布しましたし、Classiのアンケート機能で英語文法4択問題にも取り組ませる予定でした。
しかし、実際に生徒に接して教えないと生徒の理解力が分からない。
ということで、遠隔授業に取り組みました。
活用したのはZOOMとYouTubeライブ配信と楽天Live。
以下はその感想です。

・ZOOM
生徒側でのアプリのインストール必要。
生徒と音声でも文字でもやり取りができる。
黒板を使っての一斉授業の形式だと、少々コツが必要。
iPad自体をホワイトボードの状態にして授業をする形式がとてもやりやすい。

・YouTube
生徒側でのアプリのインストール不要。
生徒とのやり取り不可(生徒がYouTubeにログインすればその限りではない)。
ライブ配信はアカウントがライブ配信を認めてもらうまで申請から24時間かかる。
「ライブ配信」よりも「動画アップロード」がお勧め。
ただし、「動画アップロード」だと、生徒がログインしても、生徒とのライブでのやり取り不可。

・楽天Live
生徒側でのアプリのインストール不要。
生徒とのやり取り不可(生徒がアプリをインストールすればその限りではない)。

この休校要請から2日間で、課題プリント2束、Quizletの改善、ZOOMの活用指示と頭も身体もフル回転でした。
さて、休校の3週間。
YouTubeで進路ガイダンスを行ったり、ZOOMで弁論大会を行ったり、ZOOMで遠隔Kahoot!に挑戦したりと、様々な工夫を凝らした試みを楽しむことができました。

入試問題を解いています

毎年2月中旬から大学入試問題を解いています。
上智外国語英語、早慶全21学部と東大、京大、一橋大、外大、東京医科歯科大、東北大、北大、筑波大、千葉大、埼玉大、等々。

私立大学は国立大学と違って、学部ごとに入試を行うので大変です。
例えば、東京大学は1つの入試問題を解けばいいのですが、早稲田大学は11学部分も解かなければなりません。
英語は他教科と違ってすべての学部で試験があるのです。

現在までに、上智大学外国語英語学科と早稲田大学11学部と慶應義塾大学10学部を解き終わりました。
1日に2つのペース。
少林寺拳法の修行や仕事と並行して解きました。
問題は時間の確保でした。
何かが生活に入ってくるのですから、何かを捨てなければなりません
捨てたのは「自転車通勤」と「睡眠時間30分」。
30分早く起きて車で通勤すれば、朝練をやっても始業前に1つ解くことがきます。

1日2つのペースを維持するために自転車通勤と睡眠時間30分を捨てるわけですが、これは私が「私立大学は2月25日までに終わらせる」といった締め切りを作っているからです。
私は締め切りを作らない仕事はレベルの低い仕事だと思っているので、締め切りをとても大切にしています。
(大学入試も締め切りのある挑戦ですよね)

やっと私立大学のノルマは終わりました。
あとは国立大学のみです。
私の課した国立大学の締め切りは3月第2週まで。
1日1大学のペースです。
やっと自転車通勤に復帰できます。