受験生と絵画

画力がないという生徒と画力がある生徒が絵について話していました。
思うところがあったので記しておきます。

絵についてですが、絵はうまいに越したことはありません。
まずは、コミュニケーションで役に立ちます。
例えば留学とかホームステイとかしたときに、絵はコミュニケーション・ツールとして役に立つでしょう。
芸術は世界共通語です。
世界共通語といえば、数学や化学式なんていうのもありますが、こんなのはエリートにしか通じません。
でも芸術は老若男女、金持ちも貧乏人も高学歴者も学歴のない者にも通用する世界共通語です。

次に絵は学問でも役に立ちます。
私は学芸員の資格を取りましたが、絵を描かされました。
土器の絵とかを描かされるのです。
医学系に進んだ卒業生も臓器の絵を描かされると言っていました。
生物系もスケッチは欠かせませんね。
どれも記録用にスケッチをするのですが、写真を取ればいいじゃんと思うかもしれません。
でも大学では写真ではなくてスケッチを求められます。
これは「観察眼」を身につけるためだそうです。
スケッチをすると観察眼が身につくそうです。
事象の細かい点にも目が行くようになるそうです。
そういえば、私が勤めている学校には歌をテーマに絵をかかせている音楽教師がいます。

さて、絵の重要性を述べましたが、画力にも当然素質や才能はあります。
これは運動や音楽も同様ですよね。
勉強にももちろん才能は有ります。
芸術、スポーツ、勉強は、素質や才能に影響されるという点では共通していますが異なる点が一つ。
勉強は芸術やスポーツとは違って素質や才能がなくてもできるようにならなければならないということです。
芸術は制作者でなくても鑑賞者として楽しめます。
スポーツは選手でなくても鑑賞者として楽しめます。
しかし、勉強は当事者としてできるようにならなければなりません。

推薦入試と意欲

進路ガイダンスがありました。
その中で推薦入試で合格した卒業生から「推薦入試は学力ではなく意欲を見られる」とありました。
その話はこれ以上展開されることはなかったので、ここで少し補足をしたいと思います。

意欲を見てもらうためには以下の4つを満たす必要があります。
1.他の受験生と差別化できる意欲はあるのか?
推薦入試を受ける以上、意欲は皆が持っています。
意欲を見てもらうためには他の受験生と差別化された意欲でなければいけません。

2.その意欲は大学が提供する学びと一致しているか?
差別化された意欲があっても、これが大学が提供する学びと一致していなければ、面接官は「なぜうちの大学?」となってしまいます。
「意欲は立派だけれどもうちの大学ではその意欲を満たすお手伝いはできないよ」となると、これはもう不合格。

3.その意欲を言語化できるか?
意欲は伝える道具は言葉だけです。
表情や声の大きさで意欲を伝えることはできません。

4.その意欲を短い時間で面接官に理解してもらえるか?
面接官に「この生徒の話はもっと聞いてみたい」と思わせることができるかどうか。

上記4つの条件を満たすのはかなり大変でしょう。
であるならば、意欲に頼るのではなく(意欲で差別化を図るのではなく)、学力で勝負したほうがいいのかもしれません。
上記卒業生は「推薦入試は学力ではなく意欲を見られる」と言いましたが、推薦入試であっても小論文や口頭試問など学力試験があるのですから、学力で勝負するというのも賢いやり方だと思います。

効率重視

受験勉強はやるべきことが多い。
やるべきことが多いのでどうしても効率というものを考えなければなりません。
効率を上げるということは無駄を捨てるということです。
ここで2つのタイプの受験生が登場します。

一方は、やりたくないことを捨てるタイプです。
たとえば、大学入学共通テストでは文法が出題されないからと言って、文法を捨てて長文のみに取り組む。
大学入学共通テストでは英作文はないからと言って、英作文を捨てて長文のみに取り組む。
入試にリスニングがないからと言ってリスニングには取り組まない。

もう一方は、やりたいことを捨てるタイプです。
たとえば、YouTubeを捨てて、生まれた時間を勉強に充てる。
Twitterを捨てて、生まれた時間を勉強に充てる。

受験勉強はやるべきことが本当に多いので、効率を考えないとなりません。
効率を上げるということは無駄を捨てるということです。

大学入学共通テスト

大学入学共通テストが終わりました。
本日解いてみました。
明日ではなく今日解くことによって共通テスト対策について1日多く考えることができます。

感想は「日本語を読むように英語を読むことができるようにならなければならに」というものです。
生徒には以前から「”今日”を英語で言えますか?」と言ってきましたが、まさにこの力が必要です。
「日本語を読むように英語を読むことができる」と言っても、入試現代文とは違って英文レベルは易しいですし設問も入試現代文ほど複雑ではありません。
レベルの目安は進学校で採用している「Communication英語Ⅰの教科書」。Communication英語Ⅰの教科書を「日本語を読むように」読めるようになればOK。
ただし、1Lessonではありません。8Lessonsを休みなく一気に「日本語のように」読む集中持久力が必要です。

トレーニングとしては、
①「Communication英語Ⅱの教科書」レベルの長文問題集に取り組む。
②予習は「テスト形式→精読・リーズニング」で行う。
「日本語を読むように」とは「適当な早読み」ではありません。
「日本語を読むように」には「正確に読める」が含まれます。
ちなみに、精読はできるようになったら精読が精読でなくなります(意味不明?)。
本番では「解答の対応箇所を探す」といったことが要求されますが、予習のリーズニングで解答の対応箇所を探す習慣を手に入れたい。
③復習は「前からかたまりごとに意味が通るようになるまで音読」を行う。
これは速読対策、リスニング対策に必須です。
絶対に必要なのですが、やらない生徒が多いので困っています。

共通テスト英語は「筆記100点+リスニング100点」ですが、多くの大学は「筆記200点+リスニング50点」といった扱いをします。
国公立大学二次試験も私立大学個別試験も推薦入試も英語は筆記重視です。
「今日=today」レベルになるように「正確な多読」に取り組んでいきましょう。
(もちろん、「今日=today」レベルはリスニングやスピーキングこそ必要なのですが)