理に適わない和訳

理に適わない和訳になるということは、自分の解釈が間違えているということです。

理に適わない和訳になってしまったら、そのまま突っ走るのではなく、アプローチを変えて最初から考え直す。

この「理に適わないと思ったら、アプローチを変える」という姿勢は、とても大事です。
理にかなわないと思ったときにアプローチを変えることができることを、柔軟な思考と言うのでしょう。

理に適わない和訳になってしまったら、
①イディオム・構文に気づいていないのではないか?
②簡単な(?)単語に自分の知らない意味があるのではないか?
③自分の英文解釈が間違えているのでないか?
といったことを意識して再アプローチをするといいと思います。