昨日教えたことが今日できない

夏期講習後半です。
生徒たちに疲れが見え始めました。
夏期講習は、通常授業と違って体育等はありません。
受験科目のみです。
もちろん、予習も復習も必要。
職員室で同僚と生徒の頑張りを話しています。

ただ、教員側からすると物足りなさがあるのも事実です。
同僚曰く、「昨日教えたことが今日できない。」
頑張っているのは分かるのだけど。

夏期講習の最終日には第2回全統高2模試があります。
ここで結果が出せれば、生徒も頑張ったかいがあるというものです。
成功体験は今までの疲労を吹き飛ばし、前へと進む原動力です。

でも、残念ながら、うまくいかないかもしれません。
「昨日教えたことが今日できない」のですから。

ちなみに、「昨日教えたことが今日できない」は絶望的なことではなくて、凡人は「昨日教えたことが今日できない」を繰り返して、これがある程度蓄積されると、成績が上がるのだと思います。

たとえ第2回全統高2模試で結果が出なくても、落胆することなく、未来の自分に投資し続けてもらいたいと思っています。