気持ちのギャップを埋めるのは覚悟

一般入試での大学合格を目指す高校2年生の悩みの原因には、「覚悟が決まっていない」ことがあると思います。

一般入試で大学に合格するのは本当に難しい。
だから、教師も模試も教材も、一般入試で大学に合格するレベルを求めます。
でも、まだ高校2年生。
「ここまでやらなければいけないんだ」といった覚悟がありません。
だから、「やるべきこと」と「自分の気持ち」の間にギャップが生じます。
このギャップが、高校2年生(受験生の卵)の悩みの一つの原因だと思います。

でも、実際に一般入試で大学に合格しようと思ったら、学力を上げなければいけません。
学力を上げるっていうのは、大変なことです。
学年が上がるにしたがって、既習事項は増えますし、難易度も上がりますので、勉強の時間は増えなければなりません。
高校2年生は高校1年生よりも、多くの学習時間が必要になります。
高校2年生になると「高校1年生のときよりも大変になった」という生徒がいますが、当然です。
高校2年生が「心の中で」うまく受験と付き合っていくには、このギャップの解消が必要になると思います。
このギャップを解消するのに必要なのは、「一般入試で大学に行くと決めた以上は学力を上げなければならない」といった覚悟ではないでしょうか。

覚悟がギャップを埋める。
ギャップを埋めるには覚悟しかない。

高校3年生にもなれば、覚悟が決まり、「やるべきこと」と「自分の気持ち」のギャップも少なくなっていくのでしょうが。