コツコツの先輩からの手紙

前回の投稿「コツコツ~」で紹介した先輩からの手紙です。

先日は久々に先生とお話しすることができて楽しかったです。
あまり気の利いたことは言えませんが後輩へのメッセージです。
****************************
受験生のみなさんへ
先生からあまり勉強していないと聞きました・・・本当ですか?
もしも本当だったら、自分が天才だと思っている人以外はがむしゃらに勉強したほうがいいです。
本当に・・・ある程度の大学志望してるならですけど・・・
私も、頭悪いので、自分で言うのも変ですが、努力しました。
勉強は案外やってると慣れてつらくはないので、頑張りましょう。
あと、勉強は個人プレーのように思われがちですが私は違うと思います。
まわりが頑張っていると相乗効果でみんなで勉強するようになるので、クラス全体で頑張るのがいいと思います。
今の時期に「息抜きー」とか言って遊んでばっかりだったり、テレビを見てしまったりしている人は結構まずいですよぉ~。
そんな人はいないと信じていますが。
あせったほうがいい時期になりつつあります。
とにかく、凡人は下手なこと考えずに勉強しましょう。
私もそれでなんとかなりました。
来月また学校よれたら伺わせてもらいます。
では、また。
「自分が天才だと思っている人以外は」や「凡人は下手なこと考えずに」という表現は、皮肉ではなく、本音のはずです。
「誰よりも真面目に勉強しているのに、自分より学習量が少ない級友のほうが模試の成績がよかった」や「誰よりも真面目に勉強しているのに学年が上がるにつれて、他に追いつかれて、抜かれてしまったりもした」を経験した先輩です。
彼女はこういった気持ちであるが故に、強い意志を持って受験勉強をしていたのでしょう。
「なんとかなる」なんて思ってもみなかったはずです。