偏差値よりも得点

テストをやると平均点を気にする生徒がいます。
私はいつも「平均は出していない」と答えます。
平均点ではなく、得点にこだわってもらいたいと考えているからです。

上位の生徒は、平均点にはあまり左右されず、安定して高得点を取ります。
ちなみに下位の生徒も平均点には左右されずに安定して低い得点です。
平均点、つまり難易度に影響されるのは、中位層。

でも、大学入試という視点で言うと、中位層にいてはダメです。
大学入試を5倍の試験と考えると、合格するのは5人中1人。
平均点に左右されないで安定して得点できることを目指さなければなりません。
実際にセンター試験の平均点が低い年でもトップ校のボーダーはそれほど下がらないものです。
偏差値や平均点より、得点に目を向けていってもらいたいと思っています。