学習心得」カテゴリーアーカイブ

朝型の勧め

身体能力を最大限に発揮できる時間帯は「午後」です。
オリンピックでは好記録の多くは午後に生まれます。

東京2020で競泳の大橋選手が400m個人メドレーで金メダルと獲得した時のインタビューです。
「朝のこの時間にこのタイムで泳げて、やってきたこと間違っていなかったんだなっていう風に思いましたし、」

平井コーチも「午前決勝」をポイントに挙げていました。

7月26日の新聞に大橋選手の金メダルについて次のような記事がありました。
「東京五輪は午前中に決勝が始まります。どうしたら朝から、いい泳きができるのか。シミュレーションを重ねていました。6月のジャパンオープンで は午前中の予選を本番の決勝と想定し、ギアを上けて泳いでいました。朝6時前に起きて、泳ぐ前にお風呂に入り、午前中にメインの練習をこなす。体を起こす習慣をつけて、体に覚え込ませていました。この小さな努力の積み重ねが、極限の中で自身を信じる力になったのだと思います。(シドニー五輪競泳代表:荻野智子)朝日新聞」

私は、脳も身体部分である以上、脳の働きと身体の働きには共通点があると思っています。
身体能力を最大限に発揮できるのは午後なのだとしたら、脳の能力を最大限に発揮できるのも午後なのでしょう。
しかし、受験は多くの場合、午前中に始まります。
皆さんは午前中に脳の働きをピークにもっていけるようにしていかなければいけません。
早寝早起きはしていますか?
午前中に脳の働きをピークに持っていかなければいけないのは受験当日だけの話ではありません。
東京五輪の決勝が午前中ということで午前中にメインの練習をこなしてきた大橋選手のように、午前中に学習のメインを持ってくるようにしましょう。

夏休みの計画を立てさせるときに生徒に次のように言ったことを思い出しました。
「毎日午前中5時間を苦手科目に割くことができれば夏の学習は成功だ。」

「やり直す」の考え方一例

時間が経つのが早いですね。
大学入学共通テストまであと半年です。
昨年度の大学入学共通テスト後に「受験まであと1年」と言いましたが、あれから半分が過ぎてしまいました。
折り返し地点を過ぎてからは少なくなる日々を数えていくことになります。

皆さんはどこかの大学には合格します。
しかし、受験が終わると「浪人したい」と言う生徒が出てきます。
なぜだか分かりますか?「滑り止めにしか受からなかったから」ではありません。
「志望校まであと一歩だった」ことに気づいてしまうからです。
合格者と不合格者の違いは紙一重です。
大学入学共通テストで言うと、各科目1問か2問の差。

皆さんは昨年度の合格最低点は知っています。
繰り返しますが合格者と不合格者の違いは紙一重。
落ちてしまうと「合格まであと一歩だったのに」と気づいてしまうのです。
これが「浪人したい」と口に出てしまう理由です。

皆さんは受験勉強を通じて確実に学力が伸びていきます。
しかし、学力が伸びていって「合格が見えるところまで到達した」のに落ちてしまう生徒がいるのです。
こういった生徒は「合格が見えているのだから浪人したい」思うと同時に「もっと早くから本気で勉強しておけばよかった」と思うものです。
来年の2月、3月に「昨年の7月に戻ってやり直したい」と思うかもしれません。

もう気づきましたね。
今から本気で勉強すれば「昨年の7月に戻ってやり直す」ことができるのです。
未来の自分に「昨年の7月に戻って勉強をやり直しているよ」と伝えましょう。
自分に厳しく本気で勉強していきましょう。

 

夏休みの学習を質・量ともに充実させるためには、6月に基礎の定着を図ること。

過去に戻る

時間が経つのが早い。
大学入学共通テストまであと7か月と2週間です。
共通テスト1年前にから4か月と2週間が過ぎてしまいました。
週に直すと残り52週から19週が経ってしまい残りは33週です。

皆さんはどこかの大学には合格します。
しかし、受験が終わると「浪人したい」と言う生徒が出てきます。
なぜだか分かりますか?「滑り止めにしか受からなかったから」ではありません。
「志望校まであと一歩だった」ことに気づいてしまうからです。
合格者と不合格者の違いは紙一重です。
大学入学共通テストで言うと、各科目1問か2問の差。

皆さんは受験が終わると手ごたえを感じます。
そして自己採点をするものです。
もちろん、昨年度の合格最低点は知っています。
繰り返しますが合格者と不合格者の違いは紙一重。
落ちてしまうと「合格まであと一歩だったのに」と気づいてしまうのです。
これが「浪人したい」と口に出てしまう理由です。

皆さんは受験勉強を通じて確実に学力が伸びていきます。
しかし、学力が伸びていって「合格が見えるところまで到達した」のに落ちてしまう生徒がいるのです。
こういった生徒は「合格が見えているのだから浪人したい」思うと同時に「もっと早くから本気で勉強しておけばよかった」と思うものです。
来年の2月、3月に「昨年の6月に戻ってやり直したい」と思うかもしれません。

もう気づきましたね。
今から本気で勉強すれば「昨年の6月に戻ってやり直す」ことができるのです。
未来の自分に「昨年の6月に戻って勉強をやり直しているよ」と伝えましょう。
自分に厳しく本気で勉強していきましょう。

推薦入試と意欲

進路ガイダンスがありました。
その中で推薦入試で合格した卒業生から「推薦入試は学力ではなく意欲を見られる」とありました。
その話はこれ以上展開されることはなかったので、ここで少し補足をしたいと思います。

意欲を見てもらうためには以下の4つを満たす必要があります。
1.他の受験生と差別化できる意欲はあるのか?
推薦入試を受ける以上、意欲は皆が持っています。
意欲を見てもらうためには他の受験生と差別化された意欲でなければいけません。

2.その意欲は大学が提供する学びと一致しているか?
差別化された意欲があっても、これが大学が提供する学びと一致していなければ、面接官は「なぜうちの大学?」となってしまいます。
「意欲は立派だけれどもうちの大学ではその意欲を満たすお手伝いはできないよ」となると、これはもう不合格。

3.その意欲を言語化できるか?
意欲は伝える道具は言葉だけです。
表情や声の大きさで意欲を伝えることはできません。

4.その意欲を短い時間で面接官に理解してもらえるか?
面接官に「この生徒の話はもっと聞いてみたい」と思わせることができるかどうか。

上記4つの条件を満たすのはかなり大変でしょう。
であるならば、意欲に頼るのではなく(意欲で差別化を図るのではなく)、学力で勝負したほうがいいのかもしれません。
上記卒業生は「推薦入試は学力ではなく意欲を見られる」と言いましたが、推薦入試であっても小論文や口頭試問など学力試験があるのですから、学力で勝負するというのも賢いやり方だと思います。