1か月前ではなく現在の学力

第1回進研記述模試の結果を返却しました。
生徒たちは食い入るように見ています。
でも、これは「1か月前の学力」です。
大事なのは「現在の学力」。
先日、第2回全統記述模試が終わりました。
これこそまさに「現在の学力」です。
ここから多くを学ぶことができます。

・時間が足りなかった。
・知識量が不足している。⇒2択までは絞れたのに・・・など
・読解力がない。

ところで、模試を受けたらテスト直しをして「ここは取れたはずだ」という個所を探す必要があります。
手も足も出なかった個所ではなく、「ここは取れたはずだ」といった個所。
ここは「次回は取らなければいけない箇所」ですし、「次回は取れる可能性のある個所」です。
「次回は取らなければいけない箇所」と「次回は取れる可能性のある個所」を意識することで、今後の勉強の質が変わってくると思っています。