誰でも入れる大学

大学全入時代です。「誰でも入れる大学」が増えてきました。
例えば、日東駒専はもちろん一流大学ですが、それでも公募制推薦入試の倍率が1.0倍なんていう学部学科も出てきました(結果論ですが)。

学部学科を選ばなければ公募制推薦で1.0倍なんていう大学はかなりの数に上ります。

ここで、「誰でも入れる大学」を定義したいと思います。
誰でも入れる大学:公募制推薦入試の倍率が継続的に1.0倍の学部学科を擁する大学

少子化で残酷なのは「大学入試の二極化」です。
一定レベルの大学に合格しなければ、たとえ一生懸命勉強していたとしても「誰でも入れる大学」になってしまうことがある。

一定レベルの大学に入る競争で敗れてしまったら、「受験勉強を経験しなかった層」と同じ大学になってしまう可能性があるということです。

ちなみに、国公立大学がもてはやされる理由はこんなところにもあるかもしれません。
国公立大学は、「色々なことを我慢して受験勉強をしてきた生徒」しか入学できない。
(国公立大学も推薦はありますが一般入試並みに倍率が高いので、推薦入試狙いの生徒も一般入試受験を前提に受験勉強はしています)