受験はギャンブルではない

〇〇大学の倍率、10倍だったんです」、ある生徒が飛んできたことがありました。
おそらく10倍などという倍率は初めての経験なのでしょう。
でも受験生が多かった時代は20倍、30倍なんてザラでした。
それに10倍なんかで心を乱されたら就職活動なんてできません。
この際、「倍率」という考え方を頭から追い出してしまいましょう。

受験はギャンブルではない。

自分が受ける大学は自分と同程度の受験生が集まってきているのです。
しょせん、自分と同程度の受験生の数が増えたに過ぎません
2倍でも10倍でも相手が自分と同程度の学力なら、対策は一つ。
同程度の学力の中で少しでも抜きん出ればいいのです。

合格するためには2倍だろうが10倍だろうが、結局は同程度の学力の中で少し抜きん出なければならないことは同じです。
(ただ、ライバルも「得意科目」で全力でぶつかってくるのだということは忘れないこと)

受験はギャンブルではない。
どれだけ準備してきたかを披露する場である。