「とりあえず答える」も、なし

昨日、「分かりません」は、なしといった記事を書きました。
今日は、「とりあえず答える」についてです。

根拠がなく、「とりあえず答える」生徒がいます。
これもダメ。
「考えないで答えを出す癖」がついてしまうからです。

授業中は大変です。
自信がない発問に対して「分かりません」はダメ、「とりあえず答える」もダメ。
でも、こういった意識をもって授業に参加することで、緊張して授業を受けることができるし、クラスメイトの発言にも敏感になるし、力もついていくのでしょう。

授業は、教師の話を垂れ流しで聞いて、ただ黒板を板書するだけでなく、問題へのアプローチの思考法をマスターしていってもらいたいと思っています。