得意科目の罠

得意科目ばかり勉強している生徒がいます。
私もそうでした。
得意科目の現代文ばかり勉強していました。

皆さんの中にも「得意科目ばかり」勉強している生徒がいます。
三者面談なんかで、保護者の方から「好きな科目ばかり勉強している」といった厳しい言葉を耳にすることもあります。
得意科目ばかり勉強していると「好きな科目ばかり」と批判されることが多いです。
まるで、食べ物の好き嫌いのレベルの会話です。

私は、得意科目ばかり勉強するのは、食べ物の好き嫌いとは異なると思っています。
得意科目ばかり勉強するメンタルは、「せっかく得意になった科目のレベルを落としたくない」ではないでしょうか?
私はそうでした。
せっかく得意になった現代文のレベルを落としたくなかった。
だから、現代文ばかり勉強していた。

でも、今思うと、私は間違っていました。
大学受験は総合力です。
苦手科目もどうにかしなければなりません。
受験勉強の目的は大学合格です。
得意科目はその手段であって、受験勉強の目的ではありません。
総合得点勝負の大学受験では「得意科目の呪縛からの解放」も必要になってきます。