上智大入試英語2016

上智大学外国語学部英語学科の2016年度入試問題を解いてみました。
感想は「難化している」というものでした。
英文の難易度も、設問・選択肢の難易度も、語彙レベルも難化していると思います。
(私の英語力が落ちているのかも・・・)

おそらく上智大学は、TEAP利用型入試に完全に移行したい、従来の一般入試は縮小させたいと思っているのではないか、と邪推してしまいました。

TEAPは、上智大学と英検が共同で開発した英語テストです。
これで各学科が設定している基準スコアを超えれば上智大学入試では英語の試験が免除されます。
1年に3回、受験機会がありますので、上智大学志望者は挑戦していく価値はあると思います。

2016年度の受験日程は
7月24日(日)
9月25日(日)
11月20日(日)

問題点は、「受検費用が高いこと」と「受験会場が少ないこと」。
問題集できちんと勉強して受検機会はなるべく少なくしたいものです。