明日はセンター試験

高校3年生担任時に、センター試験の前日に配布している文章の抜粋です。

≪模試だと思って受ける≫
模試よりもはるかに楽な日程、今までで一番楽な日程だ。

≪失敗は前提≫
失敗を恐れないこと。
失敗しないでセンター7科目を乗り切るなんて不可能。
誰もが失敗する。
だから、失敗で合否は決まらない。
合否は実力で決まるのだ。
実力については自分がやってきたことを信じろ。
誰もが失敗するのだから、失敗では差はつかない。

≪試験監督は味方≫
試験監督が試験場に入ってきたら“味方”だと思え。
彼らは間違いなく君の味方だ。
わたしも入試の試験監督をやるが、試験監督は「自分の試験場の生徒には全員合格してほしい」、「何とか受験生の力になりたい」と思うものだ。

≪「分からなかった」という感覚があるほどできている≫
「分からなかった」と思うのは、分からなかった問題が少なかったから、分からなかった問題が印象に残ったということ。
試験終了後に「分からなかった」と思ったら、自信を持って次の試験に臨め。

≪前日は眠れなくても心配しない≫
1日や2日、眠れなくても、次の日のパフォーマンスは落ちない。
スポーツ選手は前夜眠れない時ほど最高のパフォーマンスを発揮するらしい。
もちろん、前夜よく眠れなくても早起きはすること。

全国の受験生の検討を祈る。