仕事をするということ

ちょっと、昨日のお話。

7月から、もっと遡ると〇〇プラン担当を命じられた春先から、この日を目標に駆け抜けてきた日々を思うと、ロビーなんか出たら感無量で涙出ちゃうよ!なんて思っていましたが…

実際にロビーに立ち、チェックイン開始の合図と共に一礼をしたときに思い起こされたのは、この半年間よりも、3年前、チェックインヘルプとして初めてロビーに立った日のことでした。

当時はまだ新入社員、ロビーに出るのもお客様と顔を会わせるのも初めて、社内にすら知り合いが殆どいなく、不安で死にそうだったけれど…

時は経って、宿泊部の担当者としてロビーにいる私の隣には、夏から一緒に頑張ってくれた後輩と、頼もしい先輩方。
ロビーを見渡すと、日ごろから助けてくださる上司をはじめ信頼できる人たちがたくさん。
こんなに心強いことはないと、本当に私は幸せ者だと、心から思いました。
不安で手が震えていた3年前には想像もしなかったことです。

慌ただしい毎日の中で、自分の成長や変化に気付くことは殆どないけれど、この3年間で積み重ねたものは確かにあって、その積み重ねの中に人との繋がりを強く感じる、とても幸せな1日でした。

皆さまとの繋がりに感謝しながら、1日、1日を大切に過ごしたいと思います。