受験って残酷だ

少子化です。
大学全入時代です。
”誰でも”入れる大学が増えてきました。
難関大学でなければ、”誰でも”入れる大学になってきています。

例えば、日東駒専(一流の大学です)ですら、公募制推薦入試の倍率が1.0倍なんていう学部学科も出てきました。

たとえ、難関大学を目指して一生懸命勉強しても、難関大学は狭き門。
しかし、ここに落ちてしまうと、”誰でも”入れる大学になってしまいます。
つまり、難関大学に落ちてしまったら、受験勉強を経験しなかった層と同じ大学になってしまいます。

色々なことを我慢して受験勉強をしてきた生徒が、受験勉強をしてこなかった生徒と同じ大学になってしまう。

「大学受験ってなんて残酷なんだろう」と思ってしまいます。