模試の復習

ある生徒が「模試の復習ってどうやればいいんですか?」と質問に来ました。
模試の復習について、ちょっと書きたいと思います。

<点数の取り方を学ぶ>
目標点数と自分の点数の差を確認する。
解答用紙の間違えた解答から上記の点数差をかき集める。
これは、「この間違いさえなければ」、「このように考えていれば」といった部分を、解答用紙から上記の点数差分探す作業である。

<知識・技術をストックする>
普段の授業と同じ復習をする。
具体的には「知識ノート」を作る。

【知識ノート】
授業で「これは!」と思った知識を復習の時にノートにまとめましょう。
簡略化された板書や教師の話のメモを元に、ノートをまとめるのですから、頭を使います。
頭の中で授業を再現することになります。
これは知識の定着の面で重要です。
さらに、知識ノートを見ることで、「時期を空けての2回目、3回目の復習」や、「実力試験の前の既習事項の総確認」等も効率よく行えるはずです。
よく「長期休暇に既習事項の総復習をしなさい」などと言われると思いますが、知識ノートをもう一度見直して「やはり重要だ」と思った箇所を新しいノートに転写する」というやり方がいいと思います。
知識ノートは、長期休暇のたびに、生まれ変わります。
古くなった知識ノートは捨ててしまってかまいません。