踏ん張りどころ

5月6日第1回全統マーク模試から10月28日第3回全統マーク模試にかけて点数が上がっていない生徒がいます。
点数を上げるっていうのは、ちょっとやそっとの努力では不可能であることがそろそろ実感できなければいけません。
「点数を上げる=今までの自分ではない=別な人間になる」ということなのですから、並外れた努力が必要です。

<踏ん張りどころ>
模試の難易度は上がっていくし、でも各教科に割ける学習時間は減っていく。
文系なら理科基礎にも、理系なら地歴公民にも本格的に取り組む時期です。
自ずと各教科に割ける学習時間は減ってしまいます。
気ばかり焦る。
模試では結果が出ない。
各教科に割ける学習時間は減ってしまう。
しかし、ここが踏ん張りどころ。
コップに水がたまるまでは結果は出ませんが、コップに水がたまれば必ず結果が出ます。
コップに水を注ぎ続けることができる生徒が最後には結果を出すのだと信じています。