ツイッター開始

ツイッターを始めました。
少林寺拳法をやっているのですが道院(道場)の先生から「道院(道場)のホームページを作ってくれ」と言われたのがきっかけです。
取り敢えず、ホームページは作りました。
しかし、ホームページは作るだけではダメで、その存在を知ってもらわなければなりません。
宣伝目的のホームページであるので知ってほしいのは見知らぬ人。
見知らぬ人にホームページの存在を知ってもらうにはどうしたらいいだろうと考えてツイッターの利用を思いつきました。
道院(道場)の様子をツイッターに載せる。
ツイッターにはホームページのURLを載せる。
地元で少林寺拳法や武道をやりたい人がいてツイッターで調べたらうちの道院が引っかかるようにしよう、との意図です。
さて、道院のツイッターを始めたのですが、ツイートの練習や試行目的で自分でもツイッターをやってみようと思いました。
しかし、道院のツイッターと違って、投稿する記事がない。
何を投稿しよう?と考えた末、「生徒にやる気を出させる言葉」を投稿しようという結論に達しました。
対象は未来の教師です。
教え子の中には若手教員もいれば未来の教師もいます。
教師は生徒のやる気を出させる必要がありますが、長年の教員生活で生徒のやる気を出させるのに「言葉」を活用してきました。
取り敢えずは、この「言葉」をツイートしていくことにしました。

Twitterを見る