防衛大学校受験の考察

防衛大学校の出願の時期です。

本物の入試を体験できるいい機会です。
学科試験の本番も体験できます。

小論文の本番も体験できます。
11月に推薦入試が控えている生徒は、小論文の本番を体験するいい機会となるでしょう。

防衛大学校は地方国立大学並みかそれ以上に難易度が高いわけですから、本当の本番の前に「本番は怖い」を体験することができます。

地元で受験料は無料で受験することができます。
ですので、模試の意識で受験を勧める高校もあるようです。

ただ、本来の防衛大学校の主旨を考えると、現状の「模試の代わりに受験する」という風潮には何だか疑問を感じてしまいます。