オープンキャンパスなんて行かなくていい

敢えて過激なことを言います。

「オープンキャンパスなんて行かなくていい」

オープンキャンパスは勉強時間を削って行くことになります。
もったいない。
高2の夏は「科目の体系を教わった上で、しかも3科目だけに集中できる」贅沢な期間です。

学習借金を返済して貯金までする最後のチャンスです。
オープンキャンパスよりも学習時間を大事にするべきです。

教師も親も世間も「オープンキャンパスに行け」と言う。
教師も親も世間も、甘い。

教師も親も世間も「本当にやりたいことを見つけなさい」と言う。
甘い。
っていうか、残酷。
学力背景のない者に「本当にやりたいこと」なんて言うのは残酷です。

生徒は「本当に(?)やりたいこと」を見つけるととても嬉しそうに報告してくれます。
でも本当に嬉しそうな顔をするのは「成績が上がった時」であるべきです。

「志望校が決まって満足している」よりも「志望校は決まっていないけれども成績を上げるために勉強している」ほうがはるかに意義があると思います。

だから、過激なことを言います。
「オープンキャンパスなんて行かなくていい」

オープンキャンパスに行くのなら、夏の勉強時間がきちんと確保できているのが前提だと思います。