自分との戦いと他人との戦い

以前、「大学入試センター試験は自分との戦い」と書きました。
目標は得点率。
「どの科目で何点取る」だとか「この科目で〇〇点取るために〇〇をする」といった考え方で進んでいきます。
自分の怠け心や落ち込んだ気持ちや慢心に勝たなければならない。
まさに「自分との戦い」です。

一方、私大入試は競争です。
定員があり、定員内に入れるようにする。
まさに「他人との戦い」です。

厳しいのは「自分との戦い」ではなく「他人との戦い」だと思います。
同じ目標に向かって努力するライバルに勝たなければならないということが如何に厳しいことであるか。
どんなに努力しても相手が自分より努力していたら報われない。

「自分との戦い」だと報われる努力でも、「他人との戦い」だと報われるとは限らない。
「他人との戦い」は本当に厳しいと思います。

さて、国立大学です。
大学入試センター試験は「自分との戦い」。
二次試験は「他人との戦い」。
国立大学に入るのは本当に厳しいと実感しています。

他人との戦いで重要なのは「他人がやっていない時にやること」と「他人よりも早く始めること」だと思います。
春休みもきちんと勉強しなければなりません。