勉強のやり方を学んだ

国公立大学後期日程試験の合否が出そろいました。
合格した生徒も不合格だった生徒もいます。
私は一浪した末に、私大を全滅し、前期日程試験も後期日程試験も落ちて補欠で大学に入った人間です。
自分の番号がなかった時の気持ちは誰よりも分かっているつもりです。

あの時私は大学に落ちました。
でも、現在は難関大学出身者と対等に仕事をしています。
受験はうまくいきませんでしたが、勉強のやり方を学ぶことができたのだと思います。

しばしば「大事なのは結果より過程だ」といった言葉を耳にすることがありますが、たとえ大学に落ちてしまっても、「勉強のやり方を学んだ」のだとすれば、長い人生の中では成功だということができるのではないでしょうか。

新しい環境が待っています。
新しい環境で必要なのは「勉強のやり方」だと思います。