2017センター試験前日

≪模試よりもはるかに楽な日程≫
今までで一番楽な日程だ。余裕を持って受験できるはずだ。

≪失敗は前提≫
失敗を恐れないこと。センターでは20点の失点なんてすぐ。「数学で最初の1題を間違えてあとは五月雨式に20点の失点」だとか。でもこんなのはどんな受験生もしている失敗だ。失敗しないでセンター8科目を乗り切るなんて不可能。誰もが失敗する。だから、失敗で合否は決まらない。失敗は前提。

≪前日は眠れなくても心配しない≫
1日や2日、眠れなくても、次の日のパフォーマンスは落ちない。もちろん、前夜よく眠れなくても早起きはすること。

≪緊張は戦闘態勢である≫
緊張すると落ち着かないかもしれないが、ひらめきの問題などではかえって実力を発揮しやすくなる。今日だけは肉食系。狩りに行くぞ!気持ちは熱く、頭は冷静に。≪試験前はイメージを作る≫
センター模試を見て、時間配分を確認し、時間配分をイメージに残す。
外に出て新鮮な空気を吸うのも忘れないこと。

≪試験監督は味方≫
試験監督が試験場に入ってきたら「味方」だと思え。わたしも入試の試験監督をやるが、試験監督は「自分の試験場の生徒には全員合格してほしい」、「何とか受験生の力になりたい」と思うものだ。

≪「分からなかった」という感覚があるほどできている≫
「分からなかった」と思うのは分からなかった問題が少なかったからである。分からなかった問題が印象に残ったのだ。試験終了後に「分からなかった」と思ったら、自信を持って次の試験に臨め。

≪君たちは未完成≫
センター試験は大学入試の完成ではなく始まりである。挑戦はあと2ヶ月続く。現役生は科目を絞れるセンター試験後にどんどん伸びる。2次試験まであと40日である。