脳の疲労回復

≪体調を整える≫
頭の疲労を取っていかなければなりません。
頭の疲労が慢性化してしまってはいけません。
頭の疲労は次の日には持ち越さずに、質の高い学習をしたいものです。

頭の疲労を残さないために必要なのは次の4点。

①睡眠:早寝早起き
冬休みは早く帰宅できます。
早く寝ることもできるはず。
脳を休ませるために、やりたいことを我慢して早く寝ましょう。
脳の疲労を次の日に持ち越さないために睡眠時間はしっかりと取りましょう。
風邪もひかなくなります。
風邪予防でマスクをしている生徒もいますが、睡眠時間を確保して疲労を取ったほうが効果的だと思いますよ。

②食事:きちんと食べる
受験生にダイエットなんて必要ない。
きちんと食べること。
脳だって体の一部。栄養を必要としています。
栄養不足だと脳の疲労も取れません。
風邪もひかなくなりります。
風邪予防でマスクをしている生徒もいますが、きちんと食べて体温を上げたほうが効果的だと思いますよ。

③運動:歩く
脳の疲労は体を動かすことで取れるそうです。
一部分が疲れたら他の部分を用いる。
これは疲労回復の鉄則です。
だから脳を使ったら身体を動かす。
歩く。
家にこもらない。
学校で勉強すれば、「自宅-学校」や「学習室-教室」と歩く機会が増える。
風邪もひかなくなりります。
風邪予防でマスクをしている生徒もいますが、きちんと歩いて体温を上げたほうが効果的だと思いますよ。

④会話:ランチタイムと登下校
友達との語らいが脳のリフレッシュにつながります。
だから家にこもらない。
一人で勉強しない。
学校で勉強して昼休みに友達と話す。
友達と話す時は、勉強以外で脳がフル回転。
一部分が疲れたら他の部分を用いる。
これは疲労回復の鉄則です。
センター8科目以外で脳をフル回転させる時間を大事にしましょう。