夏、生徒への期待

学級通信9月号にこんなことを書きたい。
「何をすべきか、何故すべきか、どのようにすべきか」を示せば、あとは待てばいい。
こんなクラスを担任できる教師は幸せです。
待つことができる・・・信じることができる・・・なんてすごいクラスなんだろう。
今回の河合記述模試で自己採点を行いました。
思うような点数が取れなかった者もいたでしょう。
向上心の強い君たちですからショックを受けたと思います。
しかし、結果はすぐには出ないものです。
大事なのは、夏の終わりの模試の点数ではなく、夏の過ごし方です。
そして、君たちの夏の過ごし方は担任を十分満足させるものでした。