私文志望の落とし穴

私文志望者は「最低限の努力で何とかしよう」と思っている割合が多いと思います。
そもそも彼らは「科目を絞って」私文にしたわけです。
ですから「やるべきことを絞る」といったメンタルの生徒が多いような気がします。

絞った3科目のなかで、また科目を絞ってしまう生徒がいます。
英語しかやらない生徒、地歴しかやらない生徒をたくさん見てきました。
国立大学志望者よりも、英国地歴ですら学習時間が少ない生徒をたくさん見てきました。

私文志望者には「自分はやるべきことを絞るメンタルになっていないか?」と自問自答してもらいたいと思います。
そして、もしこのようなメンタルを持っているとしたら、意識して改めましょう。

科目を絞る以上、絞った科目については最大限の努力をしなければなりません。