ライバルを認めよ、そして自分を認めよ

超難関高校の入試問題を解いてもらいました。
意図は、難関大学を狙うっていうのは、こういった問題を解いてきた生徒と競い合うことなんだと理解してもらいたいと思ったからです。
「これ本当に中3で解くの?」と思った生徒もいたと思います。
教科書会社の営業の方に聞いたのですが、ある超進学校では、英語については中学2年生で高校2年生の教科書を扱うそうです。
一つ上の学年の模試を受ける学校もあります。

すごいライバルがいるものです。
でも、皆さんの先輩も難関大学に合格しているのですから、皆さんもこういったライバルと堂々と戦えるはず。
皆さんに今足りないのは「難関大学を狙う生活に入るんだ」といった「覚悟」なのかもしれません。