平均の引力から逃れよ

受験を甘く見ている生徒が多いと思います。

大学入試センター試験を受験する生徒は皆、これを目標に勉強します。
しかし、平均点は60%程度でしかない。
勉強しないで60%ではなく、これを目標に勉強してきての60%です。

大学入試センター試験で70%を超えるには皆と同じ勉強ではダメ。

受験生なのですから皆勉強します。
生徒は皆「勉強している」と言います。
でも、その多くは、「大学入試センター試験で60%しか取れないレベルの勉強」です。

世の中の数字は平均に向かうものです。
平均には引力があります。
ですから平均から一歩抜きんでるには、一歩抜きんでたレベルの学習ではダメ。
一歩くらい抜きんでた学習では、きちんと平均に収まってしまうでしょう。
平均の引力から逃れるためには、二歩、三歩、抜きんでた学習が必要になります。

他と同じように勉強して、結局平均に収まってしまう受験生は多いと思います。
一歩くらい抜きんでた学習しかしないで、結局平均に収まってしまう受験生も多いと思います。

皆が目標として勉強する大学入試センター試験の平均は60%程度。
中途半端な勉強では、否、きちんと勉強しても、大学入試センター試験で70%を超えるのは難しいと言わざるを得ません。

勉強は「やる」のではなく、「やり込む」こと。
受験生は「生活の中に勉強がある」のではなく「勉強の中に生活がある」、これくらいの気概が必要だと思います。