凡人との勝負

【天才との勝負】
オリンピック、シンクロチームは、1日12時間も水中練習をしていたそうです。
しかし、選手が「地獄」と表現する「1日12時間の水中練習」をもってですら、銅メダル。
どんなに技術を磨いてもロシア選手には身体的な問題から勝てないそうです。

天才に勝つには時間ではない。
天才に勝つには天才で臨むしかない。

【凡人との勝負】
一方、凡人との勝負です。
私は凡人との勝負でカギとなるのは「時間」だと思っています。
皆さんはどう思いますか?

凡人に勝つには天才は必要ない。
凡人に勝つには長時間で臨む。

【天才は有限、努力は無限】
地方国公立大学なんて凡人同士の勝負だと思います。
でも凡人だからと言って甘く見てはいけません。
凡人でも相手は本気になって大学合格を目指す受験生です。
凡人とはいえ、一生のうちでもっとも勉強する受験生です。
自覚しなければならないのは、地方国公立大学でB判定を取れない生徒は「凡人相手にリードを許している」ということです。

受験勉強は競争相手がいる勉強です。
競争である以上、そして競争相手が「手も足も出ない天才」でなはなく「勝てる可能性がある凡人」である以上、「より多くをこなす」というメンタルが必要だと思います。