神田外語大学

神田外語大学外国語学部英米語学科2003

【神田外語大学外国語学部英米語学科2003】
もっち~元気ですか??もっちのかわいい教え子だった○○です♪(笑)私は相変わらず元気モリモリですよ!!とりあえず神田に入ってビックリしたことは英語を話せる子が多いということ!カルチャーショックうけましたよぉ。しかもみんな積極的だし!でも英語の力をのばしたいなら最高の学校だと思いました。設備もすごいしネイティブスピーカーの先生も多いし。私はやっと最近先生が話してる事を聞きとれるようになりましたよ!(笑)もっちの言ってた通り確かに神田は他の大学に比べて大変だと思いました。先輩から聞いたんですけど、宿題が多いNO,1の大学らしいですよ!!えらい大学に入っちゃいました~あはは☆来年はもっと大変になるみたいで…先が思いやられるますよぉ↓あ、そういえば私、クラス会呼ばれなかったんですけどぉ~最近トミーから電話があってそれで知ったんですよ!ハブだ~っていわれちゃってすごいせつなかったです(笑)××とG.W遊んだのにな…。今度は絶対行くから誘って下さいよねっ♪じゃまたメールします!!

まだ今はくわしくはわからないんですけど…ホテルウーマンについては、2年生になるとビジネスインターンシップという夏休みとかに2週間実際に仕事を体験して、その後それについてのプレゼンを神田の学長やそのホテルの人の前でやる授業がとれます。プレゼンは大変そうだけど実践的な授業なので、すごい役立つと思います!大学の近くから通ってる友達でホテルでバイトしてる子もいます☆神田の近くにはホテルもたくさんあるしバイトとしてホテルで働くのもいいと思います!フライトアテンダントについての実践的な授業は多分ない?!と思うんですけど、キャリアデザインという自分の将来の夢を実現するにはどのようにしていけばいいか、その計画をたてる授業があるんですけど、その授業で神田の卒業生でホテルに勤めている人やフライトアテンダントになった人の話が聞けるそうです!これは1年生でもとれる授業だから聡恵は後期にとろうと思ってます♪やっぱり自分と同じ夢をもってる子が多いから話もあうしそういう点では神田はイイと思いますよ♪くわしく分からなくてすみません!何か情報が入ったらメールします☆

<大学について(神田外語大学)>
私の大学は良い意味でも悪い意味でも他の大学とは少し違うかもしれません。
というのも、授業の出席に関しても結構厳しく、また課題やプレゼンテーションが頻繁にあるので忙しいと思います。一般に考えられる大学生のキャンパスライフとは違うかもしれません。でも、その分頑張ったら頑張った分だけ自分の力になります。語学を学ぶ施設(SALC)も整っていますし、ネイティブスピーカーの先生も非常に熱心な方が多いです。ですから、目標や意志をしっかり持っている子には適していると思います。先ほど、忙しいと言いましたが、それは特に1,2年生の時です。1、2年生で頑張っておけば3、4年の時は余裕が出てきます。私は3年の後期には必要単位を全て修得していました。私は1,2年生の時、特に課題を多く出す先生にあたってしまったので、本当にやることが多く忙しくて「こんなの大学生じゃな~い(>_<)」と弱音を吐いていましたが、今思うとためになったのかなぁ?頑張ってよかったなぁ!と思っています。
アクティブな学生も多く、友達同士で海外旅行に行くのはもちろん、一人で海外旅行に行っている子もたくさんいました。私の周りのほとんどの友達は、留学も在学中に経験していました。私も約1ヶ月オーストラリアに行きました。私の様に短期で行く子が多いですが、半年留学、1年留学をしている子もいます。学校からの留学制度もありますが、だいたいは自分で申し込んで行っていました。私もそうです。周りの友達から刺激を受けることも多々あります。

○授業→必修授業…
・少人数制(1クラス25名前後)
・先生はネイティブスピーカー
(アメリカ人、イギリス人、オーストラリア人が多い)
・休めるのは3回まで。4回休むと自動的に不可。
(これは必修授業のみではなく大学全体の決まりです。先生によって多少違いますが…)
・1、2年次は必修授業が決まっており、先生も自動的に決められるが、3、4年次は自分で好きな必修科目を選べる。

○SALC…語学施設。SALCと呼ばれている施設がありその施設内では日本語禁止で、使って良いのは英語など第二言語のみ。教材(speaking,listening,writing)、DVD/ビデオ/CD、英語の本及び雑誌、TOEIC/TOEFL教材などがあり、自由に学習できる。SpekingBoothという個室が6部屋あり、そこではネイティブスピーカーの発音を聞いたり、自分の発音をチェックしたりすることができる。またELIと呼ばれる場所がありそこではネイティブの先生とソファに座って会話を楽しむことができる。授業ではないのでフランクな話をしたり、先生を含め皆でゲームをしたりして楽しんでいる。

<大学の就職状況について>
はっきり言って、あまり良いとは言えないと思います。自分が実際に経験して思ったことですが、私の大学は就職先に偏りがないというか…皆志望企業がばらばらで驚きました。でも、私の周りだけかもしれませんが。神田外語大学というと、語学の大学なのでやはり外資系企業や航空関係の会社、旅行会社、ホテルに就職する学生が多いかと思われるかもしれませんが、そうでもないと思います。確かにそのような会社を志望する学生が多いのは事実です。しかし、実際そういった企業に就職できる確率が高いかというとそうではないというのが現状です。
とはいえ、2歳上の先輩の友達は2人スチュワーデス(JALとANA)になりました。1歳上の先輩でJALのスチュワーデスになった人もいます。私の友達もスチュワーデスやパイロットになりたくて頑張っている子もいます。また、ホテルへの就職率はわりかし高く、大手の有名ホテル(ミラコスタ、パークハイアット、ニューオータニなど)に就職した先輩方が多くいます。また就職課の方から、帝国ホテルは神田外語の学生を気に入っているらしく、多くの学生に選考を受けて欲しいと言われたそうです。学校近辺には多くの有名ホテルがあるので、ホテルでアルバイトをしている友達も多くいます。ですから、ホテルに就職をしたいと考えている子には良いかもしれません。
インターンシップについては私も不確かなのですが、大学で推薦されるインターンシップは他大学に比べて少ないと思います。私の周りで学校推薦のインターンシップを経験した友達がいないので何とも言えないのですが、大学とは関係なく自分でインターンシップを申し込んでいる子の方が多い気がします。ちなみに私はインターンシップはやっていません。
神田外語大学は語学を専門に学ぶ大学なので、語学を必要としない企業の面接ではその点を深くつっこまれることが多々あり苦労するかもしれません。しかし、この大学では単に英語のスキルをあげるだけでなく、英語を通して学べることがあります。漠然としていますが…。私にとってそれは「人とコミュニケーションをする楽しさ」でした。英語を話せたからこそ、ブラジル人、スイス人、韓国人、タイ人、チェコ人など様々な国の人と話せることができました。様々な国の人と話せる楽しさ、自分からコミュニケーションをとろうとする前向きな姿勢の大切さなどを感じ、そういったものが私の就職活動に大きな影響を与えました。私は元々英語が好きだから、もっと英語を学びたいからこの大学に入りました。夢はグランドスタッフかホテルウーマンになることでした。しかし、大学に入って色々なことを学び、経験し、色々な人に出会ったことで、私の夢、やりたいことは少しずつ変わってきました。文系は理系と違って就職と大学で学ぶことが結びつきにくいのが大変です。しかし見方を変えれば、幅広い企業を見ることができる、選ぶことができるということです。私の様に大学生活を通して、将来やりたいことが変わってくるかもしれません。その時、文系は理系よりも就職する企業の範囲が広く、チャンスがあると思います。