銀行:東京外国語大学2007

【東京外国語大学外国語学部ポルトガル語】
就職活動の話をします。
大学選びの際に、就職のことまで見越して考える必要はない、と私は思います。ものすごーくないりたいものがあるなら話は別ですが。なりたいと思うものに、大学生活すべてを費やすつもりなら、大学を選ぶ際に就職関係についてよく考慮して考えてください。大学生活を、遊びやアルバイトや恋愛や、合コンでも飲み会でも、なんでも楽しいことやりたい人は、就職に関してではなく、自分が行きたい大学(あこがれる大学)、学びたい学部(語学など)で大学進学を考えてください。就職活動は、長い大学生活のほんの一部です。就職活動は大学に入ってからゆっくり慎重に考えましょう。就職活動は大学にはいってからです。空港系もダブルスクールするし、アナウンサーもダブルスクールするし・・・・。
学部と就職との関係はあまりない、と思います。少なくとも私は外国語学部ですが、銀行員総合職です。なかには経済学部で事務職な人もいるし、人生設計は人それぞれです。では、企業は何を見て人材を選んでいるのか??それは、ヒトです。人柄とか。その人自体を見てます。この人は自分の会社の雰囲気にあうか。この人は努力ができる人か。この人は対人関係をうまくできる人か。この人は周りからどう思われている人か。この人は自分の考えをうまく相手に伝えられる人か、などなど。面接ではそおゆうことが問われます。「君はなんでこの学部を選んだの??」 と聞かれて、「はい。就職する際に有利だと思ったからです。」なんて言えないですよね。
大学生活はすごく自由です。自分次第です。時には自由すぎてダメになる人もいます。勉強や単位取得だって、結構大変なんです。私は大学生活すごく遊びました。サークルも、バイトも、遊びも。勉強も進学できる程度に。(笑)そこで築き上げた人脈や友人や、経験は私の財産であり、今の私を作り上げています。その今の自分を見て、企業は私を選びます。新卒は人物重視、ポテンシャルを重視してるところばかりなので、自分磨きを頑張ってください。
ある程度、大学名も見られます。社会はまだまだ縦社会です。できるだけ、知名度の高い大学目指してお勉強しましょう。有名大学の人は、それなりに努力のできる人だとみなされます。
大学は楽しいですよ◎ステキな仲間がつくれる大学にはいるのが一番です。自分の興味のあることを学べる大学に入るのが一番です。受験の時に後悔しないよう勉強するのが大切☆受験は努力している自分を裏切りません。就職は努力しても、企業側の雰囲気に合わないと判断されたら、どんなに努力しても入ることはできません。
なんでも自分次第です。頑張ってください。私もこれから頑張ります。頑張ることがなきゃ、つまらないです。遊びだけじゃ、遊びにならないんですよ。休みだけじゃ、それは休みとは言わないんです。ただの暇人。情熱を持って頑張ってください(´∀`)ノ
長くなりました。寝不足ですw(笑)