ブライダル:神田外語大学2007

【神田外語大学外国語学部英米語学科】

<私の就職活動>
・大学3年
8月→合同就職セミナーに初めて行く。
10月→IT会社の1日体験インターンシップに参加。
12、1月前半→学校でのセミナーや面接講座に参加。
合同就職セミナーに行く。
1月後半、2月→様々な会社の説明会、選考に行く。
エントリーシートの提出に追われる。
3月→だんだん業界を絞り、説明会や選考に行く。

・大学4年
4月→ブライダル会社から内定を頂く。
ジュエリー会社から内定を頂く。
まだ受けてみたい会社があり就職活動を続ける。

しかし選考を受けて行くうちに、内定をもらった2社以上に行きたいと思える会社がなかったので進んでいた選考を辞退する。
2社で迷い、ブライダルの会社に行くことを決める。

☆就職活動終了☆
最初は自分の中でやりたいことが漠然としていて、どこの会社に入りたいというのがありませんでした。様々な業界のことを知らなかったので最初の方は知っている会社、つまり大手ばかり受けていました。だからエントリーシートの時点でたくさん落とされました(笑)
接客、サービス関係の仕事に就きたいなぁとは思っていたものの、もしかしたら他の業界でもやりたいことが見つかるかもしれない、固定観念で最初から自分には合わないと決め付けないで様々な会社を見よう!と決め、面接の練習のためにもIT、ホテル、広告、化粧品、ブライダル、ジュエリー、エステ、アパレル…など様々な会社の説明会に行き、面接をしました。私の場合「ここに絶対入りたい!」という第一志望の会社などがなかったため、本当に何がしたいのか分からなくなり2月後半はずっと悩んでいました。しかし悩んでいてもすぐに答えは見つけられないので、とりあえず今できること頑張ろうと気持ちを切り替えたら自然と悩みは消えていきました。選考に進んでいく中で特にブライダル企業とジュエリー企業に興味を持ちました。運良く?自分の興味があるその2種の業界の会社から内定を頂くことができました。ブライダルの会社は茨城の会社。ジュエリーの会社は全国展開している会社。非常に悩みました。都内で就職しようと決めていたので、茨城の会社はそのブライダルの会社一社しか受けていなかったのです。心はブライダルの会社に傾いていたのですが、茨城に帰るということになかなか踏み込めなく、決断できないでいました。しかし、今まで色々な会社の選考を受けてきて先の目標まで見えた会社はそのブライダルの会社だけでした。先の目標が見え、会社の温かい雰囲気にも惹かれ、その会社に行くことを決めました。

サービス業なので時間も不規則、ブライダルは華やかそうに見えますが裏方の仕事で体力的にも大変な仕事です。やってみないと本当の大変さは分からないと思いますが、それでもやってみたいと思いました。この会社で見えた目標とは、営業企画(ブライダルのイベントなど)の仕事をすることです。私は昔ここの会社のブライダルフェアに行ったことがあり、その時に受けたサービスや運営している方々の姿は今でも心に残っているほど印象的なものでした。とにかく楽しかったことを覚えています。私もこんな風に誰かの心に何か残るようなものを企画して作ってみたいと思ったのです。最初からすぐに企画の仕事に就くことはできず、まずはウエディングプランナー/スタイリスト、ホテルのフロント/ベルボーイ・ガール/レストラン営業などの職種を経験することになります。私はウエディングプランナーを希望しましたが、営業企画をするには様々なことを経験し自分の中のインプットを増やした方が良いと思うので、その目標のために色々な職種を経験してみたいなと思っています。

私の大学、就職活動はこんな感じです☆長々と書いた割にはあまりためになるようなことを書けなかった気がします。ごめんなさい(笑)
また何か聞きたいことあったら言って下さい☆分かることなら協力します♪♪